世界土協会 World Dirt Association – Dirt Stage ~土の時間を育てる~ Niigata –

※会期は1/17で終了しましたが、好評のため2/14まで予約制にて延長いたします。

観覧ご希望の方は、ご連絡の上お越しください。

  • 2/11(木)祝日 建国記念日
    写真家 Ron Brownトーク  “Red dirt and pictographs on a motorcycle”
    17:00 – 18:30 会場:S.Y.P Art Space
  • 2/13(土)
    土bar
    18:00 – 22:00 会場:S.Y.P Art Space 参加費 ¥500(1ドリンク付)以降キャッシュオン

 

 

 

私たちは、今年の夏から秋にかけての新潟県で行われた「水と土の芸術祭2015」にて、「世界土協会 World Dirt Association」というユニットでの活動を行いました。
南条 嘉毅、James Jack、吉野 祥太郎の三人で構成されるこのユニットは、様々な地域の土を集め、一つの空間に同じレベルで並べて土と共に時間を過ごし、土が育つ様子を観察するという作品を制作しました。
それらの土は、私たち自身が採取した物と、それぞれの地域の方々に協力をお願いして送って頂き、採取者自らが自分の周りにある土について考え、意識するという行為を行なってもらいました。それはまるで、全国から集まった手紙の様にも感じられました。
そして、この度12月19日(土)からの約一ヶ月間、新宿にあるS.Y.P Art Spaceにて新潟でのこの活動の報告と、現在、そして今後の活動についての展覧会を行なう事になりました。

Artists Shotaro Yoshino, James Jack and Yoshitaka Nanjo formed the World Dirt Assocation (WDA) in 2014 to pursue creative approaches toward the earth. Their site-specific installation work “Dirt Stage” featured over one-hundred samples of dirt at the Water and Land Festival 2015 in Niigata. This exhibition reflects on WDA activities past and present while considering new perspectives on dirt in society today.

世界土協会 World Dirt Association

南条 嘉毅
中之条ビエンナーレ、水と土の芸術祭、世界土フェスティバル、
越後妻有アートトリエンナーレ、小須戸ARTプロジェクトなど

James Jack
瀬戸内国際芸術祭、釜山ビエンナーレ・シーアートフェスティバル、
世界土調査会、シンガポールのICA、ホノルル美術館など

吉野 祥太郎
NO MANS LAND、世界土ホリデー、ウラジオストク・ランドアートフェスティバル、
小須戸ARTプロジェクト、小豆島A.I.Rなど

2015. 12. 19(Sat) – 2016.1.17(Sun)
Open at Fri. Sat. Sun 13:00~20:00

Opening Reception :

12.19 (Sat) 17:00~20:00

Artist Talk:

12.26   (Sun) 18:00~19:30
「土の意識 -いろ、かたち、いのちー 」
ゲスト:水沢 勉 氏(キュレーター・神奈川県立近代美術館長)

1.15 (Fri ) 18:00~19:30
「The Life of Dirt in Society 〜社会における土との生活〜」
ゲスト:曽我部 昌史 氏(みかんぐみ共同主宰・水と土の芸術祭2015建築ディレクター)

Talks on Dirt
“Dirt Mind: Color, Form, Vitality”
December 20, 18:00-
WDA + Tsutomu Mizusawa
(Director, The Museum of Modern Art, Kamakura & Hayama)
“The Life of Dirt in Society”
January 15, 18:00-
WDA + Masashi Sogabe
(Professor,Kanagawa Univ, Water and Land Art Festival 2015 Architecture Director )

 


Emerging Artists Review

Emerging Artist Review

概要

IMG_8052若手アーティストの発表と経験をサポートするために、美術関係者(評論家、キュレーター、ギャラリストなど)との交流の場をつくります。
アーティストは作品を発表し、そこに集まる様々な方よりいろいろな意見・見解を受ける事ができ、美術関係者は新たなアーティストを発見・育成する事ができます。

展覧会期中には美術関係者を招いたトークを行ない、作品についてや、アーティストとしての生き方などについてお話をしていただきます。

IMG_8053 IMG_8047 IMG_8051
IMG_8040 IMG_8038 IMG_8043

 

  1. 出品資格

アーティストとして本気で制作・発表を続けていこうと決意した方のみ。

経歴、年齢不問。個展でもグループ展でも可。

会期中に美術関係者とのトークができること。

 

  1. 出品料

¥30,000/1単位(6日間)※会場の維持費、企画の運営費として使用します。

 

  1. 期間

木曜日から火曜日までの一週間(水曜休廊)延長は¥5,000/一日

※休廊日の搬入については、要相談。

 

  1. 利用時間

13:00から20:00の時間内でご都合にあわせてご利用いただけます。

 

  1. 会場

S.Y.P Art Space   Gallery & Lab

 

  1. 当番

作品の保全上、ご利用者側で受付者をご用意いただきます。ご都合のつかない場合は、ギャラリースタッフにご相談ください。

アーティストランスペースとしての性質上、ご自分の作品をお客様はどのように感じてくれてるかを直接肌で感じるためにも常駐されることをお勧めします。

 

  1. PR

・ポストカード

展覧会前に、ギャラリーにハガキ・チラシを置くスペースをご用意しております。ポストカードはご利用者側でご準備下さい(ロゴ・地図のデジタルデータは用意しております)。

※入稿前に必ずデータの確認をさせていただきます。

・ポスター

展覧会PRのためのポスタースペース(サイズA3)が、1階エントランスに設置されていますのでご利用いただけます。

※ポスタースペースは、ラミネートや防水加工等が必要です。(ラミネーターはございます。)

・ホームページ

ギャラリーHPの展覧会情報で、開催概要を掲載(終了後も無料で掲載)。

※作家HPへリンクを貼ることも可能です。

・メールリスト

メールによる告知を行ないます。その他メディアへの告知などについては、お問い合わせください。

Facebook での告知もしております。

 

  1. 期間中の作品管理

作品の管理についてはギャラリー側も充分注意をいたしますが、汚損、破損、火災、盗難等の不慮の事故・火災で生じた作品の損害は責任を負いかねますのでご了承ください。

 

  1. 利用中止、損害賠償について

・上記の事項、及び当日に概略をご説明いたします使用規則に違反があった場合には、ご利用をお断り、または中止させていただくことがあります。その場合、ご利用料は返還いたしません。

・ギャラリースペース及びビルの備品、内装、設備、建物に損害(汚損、破損、紛失)があった場合には、損害を実費で賠償いただきます。

 

  1. その他

・上記内容以外につきましては、スタッフにご相談ください。

・本利用規約は、2015年1月1日時点のものです。内容に変更がある場合は、契約時点にこちらのHPに掲載していた規約の内容が適用となりますので、印刷の上保管してください。

 

 

S.Y.P Art Space   Gallery & Lab

〒162-0065 東京都 新宿区住吉町10-10

Website : http://arttokyo.sub.jp/

Mail : info@arttokyo.sub.jp

 

 

 

 


World Dirt Association

– World Dirt Association 世界土協会 –

Niigata Water and Land Art festival ‘2015 新潟市水と土の芸術祭 ‘2015

世界土協会は南条 嘉毅、James Jack、吉野 祥太郎によるアートユニットであり、世界各地を調査して周り、特徴ある地質や歴史に焦点を当て調査研究する事で、以下の内容にに基づいて現役の研究者や教 員,建築業,土木業,農業従事者,関係者,一般市民などに協力してもらい構成される研究機関です。

世界土協会World Dirt Association(WDA)は以下の内容に基づいて、世界的に活動している。
1. 土の歴史を調べて記録する
2. 土についての様々な研究者を繋ぐ
3. 土を採取し、それぞれを分析する
4. 国連と同時に土に焦点を当てて様々な分野からの視点を持つ
5.  土にまつわる話し合いの場を作る
6. シンポジウム、講座、イベント企画
7. 土を利用して作品を制作する
8. 機関誌「すこやか」の定期発刊
9. 主な事業予定表に基づき活動を続ける

WDA Concept

1. Explore and record the history of dirt
2. Connect various researchers on the topic of dirt
3. Collect dirt samples and analyze each one
4. Focus on dirt along with the International Year of Soils from multiple viewpoints
5. Make places for discussion associated with dirt
6. Plan symposia, events and workshops
7. Create artworks that utilize dirt
8. Periodic publication of “Sukoyaka” newsletter
9. Continue activities based on the main program sheet


【 妄想と所在 】 鈴木 泰人 個展 Yasuhito Suzuki solo exhibition

SYPDM用ハガキサイズ普通横
 

展示期間:2015年12月5日(土)~12月13日(日) 13時~20時

 
休廊日:水曜日
 
パフォーマンス:12月12日(土)17時より約20分程度(観覧無料)アフターパ ーティーも御座います。
妄想と所在について:鈴木 泰人

妄想…

空間作品、平面作品、音と光のパフォーマンスの表現などを軸に発表をしてきましたが、展示はその源泉である自由な想いに関する問いかけでもあります。

自身の根源的テーマである光と陰、距離と時間、音とリズム、これらは古来より想いを馳せ、暦を得て歴史を重ねて鼓動と共に形を表していく必然的所作の一部、それを妄想の産物と携えてきました。

所在…

何処に何があるのか?
体は何処に居るのか?
妄想の所在は何処か?

その絵から得られる表情や情報は経験あるその記憶からしか浮かび上がらない、維持することが出来ない人の記憶を繰返しリセットしながら何度でも像は浮かび上がります。

その静的であり動的な作品から観る人の自由を奪い、限定された空間とコンセプトの中で自由に想いを馳せて貰い、妄想が必然的に生まれている故郷は何処にあり何処へ向かうのか、体感して頂ければと思います。

不安定ながらも増殖し続ける妄想
安定した規則を保存し続ける所在

その限り無く広くて近い狭間を灯りと陰が往き来します。


PROFILE 作家HPより)

鈴木 泰人
Suzuki Yasuhito

 多摩美術大学造形表現学部油画科 卒業
 多摩美術大学 修士課程 美術研究科 油画専攻 入学
 多摩美術大学上野毛校舎『P. t o m o s u -壁-』研究発表展示
 多摩美術大学上野毛校舎『P. t o m o s u -朽-』芸術祭展示
 二子玉川高島屋『ART IN TAMAGAWA2009』企画参加

2002年
オーストラリアのタスマニア大学に語学留学

2005年
8月 デザインフェスタギャラリー『Tシャツ展』グループ参加
10月 武蔵野美術大学『五美大交流展』企画参加
11月 多摩美術大学芸術祭『ロクデナシ展』グループ参加

2006年
1月 ファンナーン『おうち展』グループ参加
2月 ニューヨークのセイラムギャラリーにて『Chance Encounters』グループ参加
3月 カフェ・ラヴァンド『鈴木泰人展』個展
9月 GEISAI#10 グループ参加
11月 多摩美術大学芸術祭 『犬とたまご』 二人展
12月 ワンちゃんイラストコンテストにて優秀賞を受賞
12月 3RDwareにデザインしたパンツが売り出されました。

2007年
2月 カフェ・ラヴァンド『鈴木泰人展2007』個展
10月 二子玉川高島屋にて『ART IN TAMAGAWA2007』企画参加展示
11月 多摩美術大学芸術祭『おと』ユニットにて演奏と絵画の展示

2008年
8月 多摩美術大学『ともしび×benbekeben』グループ展示 代表
9月 カフェ・ラヴァンド『ともしび×benbekeben』個展
9月 眠眠打破『アルバトル』企画 優勝
9月 ギャラリーヨコハマ『ART47』学内コンペティション 優秀賞
10月 AOBA+ART『灯り』企画参加 個展形式
11月 多摩美術大学芸術祭『tomos×benbekeben』グループ展示 代表 タマコンペティション出展 アート賞

2009年
2月 東京都五美術大学連合卒業・修了制作展示 企画展示
2月 代官山ヒルサイドフォーラム(ヒルサイドテラスF練)『アカデミック・エフェクト』企画展示
3月 多摩美術大学上野毛校舎『09年度卒業展示学内展』企画展(個展形式)
7月 多摩美術大学上野毛校舎『09年度 大学院研究発表展示』自主的企画 tomosu代表

2010年
1月 表参道カフェ632『縄文×ART展』青森県 企画 グループ展示
4月 カフェ・ラヴァンド『鈴木泰人×瓶』個展
5月 上野の森美術館『上野の森美術大賞展』入選
10月 多摩美術大学芸術祭タマコンペティション 準グランプリ&一般投票賞 受賞
12月 多摩美術大学上野毛校舎『P. t o m o s u -籠-』研究発表展示

2011年
3月 多摩美術大学 修士課程 卒業展示 震災の為、中止
3月 多摩美術大学 修士課程 美術研究科 油画専攻 卒業
中之条ビエンナーレ2011 群馬県 企画展示
文化庁メディア芸術祭 京都展『私のパラレルワールド』展 優秀作品
第30回新潟県自治活動賞地域づくり部門賞 新潟県横住町のアート看板企画制作指揮

2012年
上越市地域支援活動支援事業 制作助成金受領
リキテックスアートプライズ 最終選考 入選
牧草ロールアートプロジェクトinフィールアース2012 (野外フェス) 群馬県 企画展示

2013年
GALLERY TRINITY  UNBLEACHED展 2013/1 六本木 企画展示 グループ展
中之条ビエンナーレ2013 群馬県 企画展示(予定)
上越市地域支援活動支援事業 制作助成金受領
FLOWER 神奈川 主催
薩摩屋ARTプロジェクト 薩摩屋 インスタレーション 新潟県 企画個展
薩摩屋ARTプロジェクト 新津美術館 平面作品展示 新潟県 企画個展
リキテックスアートプライズ 最終選考 入選

2014年
高木屋 兵庫県 インスタレーション 企画展示
ひなたみ館 線画&空間演出 企画展示
真鶴まちなーれ 空間演出(予定)
人間展 金沢21世紀美術館 グループ展示
金沢文庫芸術祭 FLOWER 企画出展


あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
今年は多くの企画展も開催していきます。
皆様のアイデアやアドバイスにて、益々の発展をしていきたいと思っております。
どんどん活発に活動をしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

S.Y.Pでは現在、次のプロジェクトのミーティングが行われています。
ミーティングでの利用などにもお使いください。
10896873_10152725276258650_119814833492575386_n10430464_10152725276263650_8649826920031652441_n

また、今年から新しく始まるプロジェクトとして、

S.Y.P Art spaceでは、若手作家と美術関係者とのネットワーク構築のための展覧会を企画いたします。
展覧会は3人でのグループ展形式。
応募者の中からグループを作り、展示をしていただきます。
3人グループでの応募も可能です。
展覧会会期中に講評会あり。美術評論家、キュレーター、ギャラリスト、コレクターのどなたか1人が、皆さんの作品についての講評を行います。様々な分野の広い視点を持ったプロフェッショナルが作品について熱く語ります。
サイズは平面1800×1800mm以内。立体は1平米以内。ただし、スペースが広くないので引きがとれないためあまり大きな作品ではない方が望ましいです。
会期は一週間、応相談。会期中は必ず出品者が一人は在廊する様にしてください。
講評会の講師料やスペース維持費、DM制作費として一人1万円の出品料をいただきます。
会期中の一般投票、全来場者数との割合、審議の上個展開催。(個展の援助はスペースの無料貸し出しとDM制作のみ)
開催日時は応相談。
出品希望の方は一度、スペースの方へお越しいただき確認後、打ち合わせをしたいと思います。
ご希望の日時をご連絡ください。
その際に、ポートフォリオ等の作品を観れるものを持参ください。たくさんのご応募をお待ちしております。よろしくお願いいたします。

 


◆Tsukuba International Artists in Residence 2014◆

10801630_10152601093583650_8645365292345661847_n10805836_10152601093858650_126934086560698799_n10689841_10152601094073650_5606891211557224799_n1517639_10152601094233650_8944914758143849788_n

代表の吉野祥太郎が、以下の展覧会に参加し、滞在制作を終えて帰ってきました。
製作期間が短く、いろいろとバタバタでしたが素敵な作品/作家が集まり、良い展覧会になっている事と思います。
会期は12/8までです。
自分はまた、12/5に会場にて公開製作をする予定です。
その時に製作アシスタントに来てくれる人も募集しています。

◆2014つくばインターナショナルアーティストインレジデンス◆

[時層+ふれあい] JISOU + FUREAI 展

参加アーティストによる作品はつくば都市部
つくばファインアートギャラリーと筑波山
ふれあいの里で同時開催します。

国内アーティスト
池澤孝 // Takashi Ikezawa
北澤一伯 // kazunori kitazawa
高橋 睦治 // Mutsuharu Takahashi
藤井龍徳 // Tatsunori Fujii
吉野 祥太郎  // Shotaro Yoshino
柴辻 健吾 // Kengo Shibatsuji

海外アーティスト
Erőss István // ハンガリー
Sandor Zelenak // ハンガリー
Xiao Li // 中国
Borja Sánchez  // スペイン
Jay Komuda  // ポーランド
Simon Whetham  // 英国
Odmaa Uranchimeg // モンゴル
Carla Cremers // オランダ

開催期日 11月22日ー12月8日 入場無料
制作期間 11月11日~21日 一般公開 入場無料

Tsukuba Fine Art Gallery
つくば市花室981 Do Station2F
TEL 029-886-3151
FAX 029-886-3152

FUREAINOSATO
つくば市臼井2090-20
TEL:029-866-1519

展示期日11月22~12月8日 入場無料
開催展示場所
つくばふれあいの里内フィールド ほか

後援:茨城県 茨城県教育委員会
つくば市 つくば市教育委員会
ハンガリー大使館 中国大使館 スペイン大使館
ブリティッシュカウンシル オランダ王国大使館
モンゴル大使館 ポーランド大使館

http://www.tsukuba-art-center.com/


”東京で小須戸 —小須戸ARTプロジェクト in 東京―”

10646785_699170263495218_1696274243427879493_n

 小須戸ARTプロジェクト2014 が開催されるにあたり、東京と小須戸を結び情報の共有や発信 を目的として新宿の曙橋にあるアーティスト・ラン・スペース S.Y.P にて”東京で小須戸 —小須戸ARTプロジェクト in 東京―”を平行開催することとなりました。
今展覧会では、昨年度の参加作家3名と今年度の参加作家2名の計5名による小須戸での活動とそれぞれの作家達の活動を紹介していきます。会期中は、今年度の制作作品に関連する作品はもちろん、昨年度の作家達による滞在型公開制作を行います。他地域との同時進行型の制作風景や、制作途中の作品を公開しながら完成に近づいていくなど、普段、ギャラリーなどではあまり観ることのできない内容となっております。地方で開催されるアートプロジェクトが多くなっている中、その活動を東京で感じることができる展覧会になることと思います。ぜひ、この機会にご高覧ください。

日時:10月11, 12, 18, 19, 25, 26日(土日のみ開廊) 13:00〜20:00
※ 今年度参加作家の荻原貴裕・吉野祥太郎は10/20に小須戸から戻る為、25、26日のみの作品展示になります。

トークイベント:10月26日(日)16:00〜17:00 石田高浩 氏
クロージングパーティー:10月26日(日)17:00〜20:00
オープニングパーティーはございません。
※ 入場無料

会場:S.Y.P
〒162-0065 新宿区住吉町10-10 最寄り駅 都営新宿線 曙橋駅A2出口から徒歩3分

参加アーティスト  南条嘉毅・鈴木泰人・橋本直明・荻原貴裕・吉野祥太郎

概要
小須戸ARTプロジェクト2014とは
新潟市秋葉区にある小須戸本町通り周辺地域は、江戸から明治、大正にかけて信濃川の舟運で栄えた商 店街で、現在も風情ある町屋が多数残る地域です。近年は町屋に着目したまちづくりが進み、小須戸小学校区コミュニティ協議会(以下、小須戸コミ協)では、 その取組の一環で空き町屋「薩摩屋」の活用を図っています。
薩摩屋の活用の中で、新潟市「水と土の芸術祭2012」での南条嘉毅の作品設置がきっかけとなり、作家と住民、来訪者間で交流が生まれる機会が生まれました。小須戸コミ協では地域で芸術を中心とした交流が継続していくことを目指し、2013年度に新津美術館との共催で「薩摩屋ARTプロジェクト」を実施、鈴木泰人・橋本直明が滞在制作し、人と人、地域と人の間に新たなつながりが生まれ始めました。
本年度のプロジェクトは、飯沢康輔・荻原貴裕・吉野祥太郎の3名が滞在制作し、「薩摩屋」で始まったアートのつながりを、周辺の町屋や店舗等も巻き込んだ 「小須戸」全体へ広げることを目指します。また、来年度開催予定の「水と土の芸術祭2015」へ向けた地域全体の機運醸成、作家への発表の場の提供、そして作家と地域住民、来訪者とのつながりがさらに発展することを目指します。

開催スケジュール
滞在制作期間 : 2014年9月15日(祝)~10月3日(金)終了まで
展示公開期間 : 2014年10月4日(土)~10月19日(日)
※10月4日(土)には、オープニングイベントを実施予定


Donald Cameron Solo Exhibition 紹介文

10606219_321445664701682_1328111797987963492_n

 

Donald Cameron
Solo Exhibition  “New Work”

2014.9.5 – 9.21 Donald Cameronはニューヨーク在住のアーティストで、自然界からインスピレーションを受けて、それらのパターンや形を抽象的な絵画へと変換し作品を制作しています。
彼は今年5月から東京に滞在して新作を制作してきました。今回はそれらの新しい挑戦の結果を展示いたします。

彼とはじめて出会ったのは、2012年に瀬戸内海に浮かぶ小豆島にアーティスト・イン・レジデンスで滞在していた時だった。私が滞在していたのは ” Shodoshima Art Project 第7回小豆島A.I.R ” で、彼は “ アート・ビオ・トープ小豆島 ” という別のレジデンスに滞在していた。2mを超える長身のアメリカ人は、とてもおおらかで物腰の柔らかい人物だった。しかし、観せてもらった彼の作品は、その性格からは想像がつかない様な激しい色彩がぶつかり合い長く見ているとむしろ眼球が色彩を感じなくなるほど強烈だった。
その頃は、廃屋をモチーフに描いていて、廃屋のシルエットを色彩によって歪め、風化した時間をぶつかり合う色彩によって感じさせる様な作品であったのだが、今回の作品は一つのモチーフに限定されておらず、ますます自然界から得たパターンや形を彼のフィルターを通して色彩として画面に起こして行くことにフォーカスした作品となっている様に思う。
また、今までは画面に直接油絵の具で描いていたのだが、今回は自然の風景のGiclee Print(ジクレープリント)の上に驚くべき色彩感覚を感じさせる色を載せて世界を構成している。その中で特に興味深いのは絵の具によって下のプリントを溶かしながら表現するという技法を使用していることだ。風景からの形態を絵の具によってパターンと混ぜ合わせ新しい世界を構築しているかのようである。

吉野 祥太郎

S.Y.P Art Space
Gallery and Office