鹿野 裕介 個展 - 墓穴を掘る –

鹿野 裕介
Yusuke Shikano Solo Exhibition

– 墓穴を掘る –

この度、SYP では鹿野 裕介の個展 「墓穴を掘る」を開催いたします。

会期 : 2020年3月1日(日) – 3月14日(土)
時間 : 13:00-19:00 (初日 16:00-)
*月曜、火曜、水曜日 休廊
オープニングレセプション : 3月1日(日) 17:00 – 21:00


・作家ステートメント

私は「身の回りの出来事」と「身の回りの出来事ではないこと」を繋ぐ作品を制作している気がします。 そのためか「±0」「相殺」というようなイメージが私の思考の近くをさまよっているようです。

 

作品コンセプトノートは、こちら 墓穴を掘る

・略歴
1992 岐阜生まれ
2015 明星大学 造形芸術学部 造形芸術学科 卒業 受賞
2015 平成26 年度 明星大学造形芸術学科 卒業制作展 最優秀賞
2017 公募展ビエンナーレOME 特別賞
2020 公募展「奥多摩ものがたり」 大賞
個展 2014 「ソラノトビカタ」 Dining & Gallery 繭蔵 東京
2016 MUSEE exhibitions 鹿野裕介展「銀座 生存のプログラム」  銀座レトロギャラリーMUSEE 東京 2017 「ハジマリノオワリトオワリノハジマリ」 ギャラリー逢む 東京 2018 THE BOOK OF TREE HAGISO 東京

グループ展・企画展
2013 ~ 2014 「アンデパンダン展」 国立新美術館 東京
2013 株式会社ArtMind企画「 CONNECT」 FACTORY 東京
2014 「Portfolio × Portfolio 3」 Gallery やさしい予感 東京
2014 明星大学50 周年企画 「おもしろいカタチ」 パルテノン多摩 東京
2014 「手のひらの太陽」 INAX ライブミュージアム 愛知
2014 「つくる展」 Gallery LE DECO 東京
2014 「アートプログラム青梅 思いを紡ぐ街」 東京
2017 「公募展 ビエンナーレOME」 青梅市美術館 東京
2017 「ことの葉と空と」 Gallery K 東京
2017 「GALLERY HINOKI ART FAIR XIX」 ギャラリー檜 東京
2018 「日本コラージュ・2018 Part 1」 Gallery K 東京
2018 ~ 2019 「小菅村プロジェクト」 フォレストアドベンチャーこすげ 山梨
2018 Art Viewing OME  青梅市立美術館 東京
2019 東京インディペンデント2019 東京藝術大学陳列館 東京
2019 19th アートin はむら展 羽村市生涯学習センター ゆとろぎ 東京
2019 アートアイランズTOKYO2019 第9 回国際現代美術展 旧波浮小学校 東京
2019 「DOORs」 GALLERY ART POINT 東京
2019 アートビューイング西多摩2019 青梅市立美術館 東京

 

 


ANY Talks – Vol.10『アートの「場」と、アーティストの「住処」』

A.N.Y Talks – Vol. 10『アートの「場」と、アーティストの「住処」』
ゲスト: 中﨑透(アーティスト)
2020年2月10日(月)
19:00 – 21:00  
S.Y.P Art Space
〒162-0065 東京都 新宿区住吉町10-10
都営新宿線 曙橋駅A2出口から徒歩3分
https://maps.app.goo.gl/CmiRNQRz8WLVp5Si9

定員 12名 ※要予約
※参加希望の方はA.N.Y TalksのFBメッセージ(https://www.facebook.com/anytalks2019/)にてお名前、PCアドレス、電話番号をご記載の上お知らせ下さい。
※イベントページの参加ボタンのみではお申し込みの受付となりませんのでご注意ください。
※定員に達した場合は順次キャンセル待ちでお受けいたします。

参加費 1500円  ※お飲み物、軽食付き
※参加費はゲストへの謝礼と運営経費となります。

【プログラム内容】
イベント前半部分で中﨑氏によるトークを行い、後半は前半のトークを下敷きに来場者をまじえてことばを交わす「ワールドカフェ式立ち話」(A.N.Y Talksの特徴であるワークショップ的実践)を行います。

■前半(19:00-20:00)

『アートの「場」と、アーティストの「住処」』

第10回目を迎えるA.N.Y Talksでは、看板をモチーフとした作品シリーズをはじめ、独自のコンセプトをもとにインスタレーションや演劇、映像などの手法を用いて作品を発表するアーティストの中﨑透氏をお迎えします。中﨑氏は、自身のアーティスト活動と並行して、2006年に山城大督、野田智子とアーティストユニット「Nadegata Instant Party」を結成。プロジェクトベースの作品制作を各地で展開すると同時に、水戸の「遊戯室(中﨑透+遠藤水城)」といったアートスペースの運営、その他展覧会の企画やディレクションにも多く携わっています。中﨑氏はそのような多様な活動をとおして作品が置かれる周囲の状況、社会やアートの枠組みや関係性などに着目し、アートが存在する「場」をつくることに積極的に取り組まれています。出来事やコミュニケーション、歴史や批評、マーケティングといった複数のレイヤーを重ね、人々に混じり、社会へ割り込み、「場」を開いていく。その手法は、国内外の美術館や芸術祭などの様々なアート事業の場で高い評価を得ています。中﨑氏が追い求めるアートの「場」とは。そして各地を転々と移動し制作、発表を続けるアーティストとはいかなるものなのか。アーティストとして働くこと。そこから現代における働き方や生き方への可能性についても合わせて考える機会にして参りたく思います。

・中﨑透 NAKAZAKI Tohru

1976年茨城生まれ。美術家。武蔵野美術大学大学院造形研究科博士後期課程満期単位取得退学。現在、茨城県水戸市を拠点に活動。言葉やイメージといった共通認識の中に生じるズレをテーマに自然体でゆるやかな手法を使って、看板をモチーフとした作品をはじめ、パフォーマンス、映像、インスタレーションなど、形式を特定せず制作を展開している。展覧会多数。2006年末より「Nadegata Instant Party」を結成し、ユニットとしても活動。2007年末より「遊戯室(中﨑透+遠藤水城)」を設立し、運営に携わる。2011年よりプロジェクトFUKUSHIMA!に参加、主に美術部門のディレクションを担当。
http://tohru51.exblog.jp/

■後半(20:00-21:00):ワールドカフェ式 立ち話

ワールドカフェ(※)の要素を含んだ 立ち話  
前半のトークに基づいて、オープンな会話の中からお互いの思いや考えに触れ、自由につながりひろげていきます。

※ワールドカフェ
Juanita Brown(ファニータ・ブラウン)氏とDavid Isaacs(デイビッド・アイザックス)氏によって、1995年に開発・提唱されました。「知識や知恵は、機能的な会議室の中で生まれるのではなく、人々がオープンに会話を行い、自由にネットワークを築くことのできる『カフェ』のような空間でこそ創発される」という考えに基づいた話し合いの手法です。
引用:http://world-cafe.net/about/

【A.N.Y Talks について】
「A.N.Y Talks」は、様々な分野で活躍するゲストを迎え、参加者の多様な視点を介在させながら、自由な対話と交流の場を生み出すことを目的とした1年間限定のトークイベントです。その場を共有する全ての人が様々につながり、将来における創造的発展のポテンシャルを高めることを目指します。シリーズタイトルの「A.N.Y Talks」には、二つの意味を込めました。一つは「Any- 」。 Anytime、Anyway、Anyhow、Anywhere、Anyone、Anything‥ のように、いかなるものも決して限定された存在ではなく、無数の可能性を秘め、われわれはそれを探求できるということ。もう一つは「Add a New Yarn」= 「新しい糸を加える」。この企画を機に、様々な可能性をつむぎ、つないでいくことを希望しております。


Artist Meetup! #11

日本語は下部に↓

It’s a joint event with a video screening session by 2 Austrian artists, Katharina Gruzei and Eginhartz Kanter only for this time.https://m.facebook.com/events/644651926076395

Monthly art international exchange event! Next one is on Feb. 9th. Anyone who is doing something related to art is so welcome to this meet-up. Such as visual artists, performers, filmmakers, photographers, designers, musicians, curators, etc. Let’s just make friends and have conversations over some drinks. Hope this is gonna be a good chance to make the connection between artists internationally..
The venue is a cozy gallery in Tokyo which holds contemporary art exhibitions with both international and domestic artists.
There is NO entrance fee. Please bring your own snacks and drinks. There are a couple of convenience stores in the neighborhood. Come and go as you please.
The photos of the previous events. → https://sameshimayumikio.com/en/artistmeetup-2

今回はオーストリアのアーティスト、Katharina Gruzei と Eginhartz Kanterのビデオ上映イベントとの合同企画となります

毎月開催アート国際交流イベント!次回は2/9日曜日です。日本人も海外の人もアート界隈の人集まってなんでもおしゃべりしよう!な感じです。ビジュアルアーティスト、パフォーマー、映像作家、写真家、デザイナー、ミュージシャン、キュレーター、などなど。
会場は新宿駅から2駅の曙橋にあるアートギャラリー「S.Y.P. Art space」、参加費無料!途参加途中退場自由!自分のスナックと飲み物だけご持参ください。
このミートアップが日本と世界のクリエイティブが繋がる何かのきっかけになれば良いなと思っています。興味ある方は是非遊びに来てください!
以前のイベントの様子→https://sameshimayumikio.com/artistmeetup


Katharina Gruzei / Eginhartz Kanter Video Screening

We will have a video screening of Katharina Gruzei and Eginhartz Kanter from Austria.
9th of February (Sun) 18:30 – 22:00
Please bring your drinks and snacks.
from 19:00, we will have art discussion event ‘Artist Meetup! #11’
( https://www.facebook.com/events/592241674665861/ )

Katharina Gruzei (*1983 in Klagenfurt) lives and works in Linz and Vienna, Austria.
She studied Fine Art at the Class for Experimental Art as well as Cultural Studies at the University of Arts and industrial Design Linz, Austria. She went abroad to study at the Berlin University of the Arts in the class „Visual Cultural Studies“ of Katharina Sieverding and at the Art Department of the University of California in Santa Barbara.

Katharina Gruzei is an independent artist working in various medias ranging from photography, video, film and sound to installation and art in public space. Her works have been shown at international exhibitions, biennals and festivals. She had several solo shows in Austrian Institutions such as the Lentos Museum for contemporary Art Linz (2018) or the Salzburger Kunstverein (2020). In 2016, she participated in the Moscow International Biennale for Young Art, in 2018 she presented her works at the Tokyo Metropolitan Art Museum. She is the recipient of numerous prizes and scholarships, such as the Theodor Körner Award, the Ö1 Talents Stipend and the “Award for Best Experimental Short” at the Nashville Film Festival, USA. She received international scholarships for Los Angeles, Paris, Moscow and Tokyo. In 2019 she was artist in residence at the ISCP in New York.

 

Eginhartz Kanter studied Fine Arts, Cultural Studies and Photography at the University of Arts and Design Linz, the Academy of Fine Arts Vienna and the École Nationale Supérieure des Beaux-Arts in Lyon. He works with video, photography and installation, mainly in the context of public space. In his artistic approach he questions the boundaries and conventions of everyday life and living environments. His (sub)urban interventions negotiate aspects of the public and often have a direct relation to architecture. He showed his artworks in Gallery 5020 in Salzburg, Peresvetov Pereulok Gallery in Moscow, S.Y.P. Artspace in Tokyo and at the 18th Media Art Biennial Wroclaw.

Eginhartz Kanter is a visual artist who works with installation, sculpture, film, video, photography and text. He mainly works in the context of public space. His (sub)urban interventions negotiate aspects of the public and are mostly related to architecture.

On long forays through the urban space and the periphery, he traces situations and places to which he refers in his subtle to slightly humorous works. The starting points for the projects are local architectural conditions or the historical context in which the locations are embedded.

Due to the ephemerality of his interventions, the media he uses to document his works play an important role as an intermediary. The boundary between the work and the documentation is blurred completely, making most of his works hybrids. They exist outside for a short time or only for a moment, and are also represented by means of video and photo documentation and can often be experienced through installation.

The light-footed interventions and projects are usually based on extensive research and preparatory work with a large number of failed attempts. External influences such as wind and weather can cause failure as well as be included in the artistic process. It is crucial for the mode of operation of many of his works that they are initially received by a random, unprepared audience. The artist exposes these works suddenly and without any further information in public space. Another goal of Eginhartz Kanters is to explore the limits of public space and to question valid conventions.

Also they have a group exhibition and lecture, talk event.
COLLECTION OF RECOLLECTION

Yotsuya Unconfirmed Studio, Tokyo, Japan

07.02.–13.02.2020

CR_flyer_Tokyo.jpeg

Opening reception
Fr. 7. February 2020, 6pm

Artists

Alison Nguyen (U.S.A.)
Eginhartz Kanter (Austria/Germany)
Furen Dai (China/USA)
Haruko Sasakawa (Japan)
Katharina Gruzei (Austria)
Mikhail Basov / Natalia Basova (Russia)
Minha Lee (Korea)
Mkrtich Tonoyan (Armenia)
Pied la Biche (France/Spain/Sweden)
Roya Eshraghi (Iran/Costa Rica)
Wang Ding-Yeh (Taiwan)

https://www.crproject.net/

2020年東京。オリンピックを迎え、私たちは新たな時代の幕開けを予感しています。大きな波が押し寄せ るのを見すえ、かすかな思い出(Recollection)が、かき消されぬよう集めて(Collection)おこう。この呼び かけに応えた世界の現代アート作家による映像作品が集う画期的なイベントとなります。
アメリカ、アルメニア、イラン、オーストリア、韓国、台湾、中国、ドイツ、日本、フランス-スペイン-ス ウェーデン(ユニット)、ロシアなどから、国際的に活躍する若手作家の作品があつまります。
1960年代後半に日本製ポータブルビデオカメラが誕生。個人のアイデンティティを表現するツールとなり、 約50年が経過した今、あらためて東京で上映されるべき作品をセレクトしました。過去の出来事の光と影が、 おのずと出身国のみならず他国との関係をも浮かびあがらせます。
会場となる四谷未確認スタジオは、かつて「蓬莱湯」と呼ばれた古い銭湯の構造を生かした新しいオルタ ナティブアートスペースとして、2018年6月に新宿にオープン。上映スペースのとなりのサロンでは、作品解 説カタログを見ながらゆったりとくつろぐことができ、来場者との対話が可能です。
皆様にはぜひこの機会に、ご取材・ご紹介をお願いいたします。

Tokyo is standing at the milestone of a new era with the Tokyo Olympic Games in 2020. Anticipating the great waves of time washing over Japan, we call for artists to join our project to collect small recollections to prevent them from being swept away by the great current of change. This show will be a landmark event featuring video works by responding international contemporary artists from all over the world, including the USA, Armenia, Iran, Austria, Korea, Taiwan, China, Germany, Japan, France-Spain-Sweden and Russia.
About 50 years have passed since the birth of Japanese portable video camera in the late 1960s, during which the product has became a tool to represent/express personal identity, and we take this occasion as an opportunity to select works that should be showcased in Tokyo, to look back at past events and their light and dark sides to reveal relationships among the countries.
Inviting both domestic and international artists, regardless of nationalities, genders and ages, we will “collect” past events, including themes and topics based on the history of a specific place or personal experience of each artist. The project will consist of video works by the artists who explore various stories/incidents ranging from individual to large scale and conduct researches, facing the past through their artworks. This exhibition is expected to be a great opportunity to collect “recollections=memories” and explore the history of people of different values beyond geographical differences. It also aims to create a collected record for future generations in order to build a cross-border network of archives.

The exhibition will be held at a new alternative art space, which opened in 2018. Yotsuya Unconfirmed Studio used to be an old-style sento (a public bathhouse called Horai-yu) in Shinjuku. Its spacious salon next to the exhibition space allows visitors to enjoy related materials and catalogues, as well as interactions with others.

 

PUBLIC HISTORY – PRIVATE MEMORY



Artist Talk | Lecture
 Katharina Gruzei and Eginhartz Kanter



85045095_124062565801346_3700882342965936128_o.jpg

Yotsuya Unconfirmed Studio, Tokyo, Japan
Tue | Di 11. February 2020, 4 pm
 
https://www.crproject.net/event
https://www.facebook.com/events/2509160746069323/

★アーティストトーク(英日通訳あり)
「公共の歴史・個人の記憶 / Public History – Private Memory」
【日時】2月11日(火曜・祝日)16:00 ~ 17:30  ※入場無料
【WEB】https://www.crproject.net
【会場】四谷未確認スタジオ
https://www.yotsuyamikakunin.com
東京都新宿区四谷4-13-1

12人の国内外作家の映像作品上映イベント「Collection of Recollection」に参加しているオーストリアのアーティスト、Katharina Gruzei氏とEginhartz Kanter氏によるアーティストトークを開催します。公共の歴史に深く関わる個人の記憶を、作品の中でどのように扱っているのか、その制作背景などを語っていただきます。

Katharina Gruzeiの作品「workers leaving the factory (again)」は、オーストリアのタバコ工場の閉鎖などに見られる、中央ヨーロッパにおける産業の消滅について取り扱った実験映像です。労働の社会政的観点と、映像の歴史という視点から、廃墟空間の在り方に関する問いを結びつけています。
Eginhartz Kanterは、作品「beyond memories」の中で、GDR(ドイツ民主共和国)の歴史をたどっています。この時代の体験に関する個人的かつ様々な記憶を探り、「記憶の偽造」という現象にアプローチしています。

また、作家を交えて、本展覧会主催のactica側からも、企画にあたってそれぞれの作品をどのように考えたのか、展覧会の主旨と合わせてお話いたします。また、質問セッションを設け、活発な意見交換を行います。たくさんの方のお越しをお待ちしております。

In their lectures the artists Katharina Gruzei and Eginhartz Kanter will give an introduction to their work and artistic approaches. They will provide background information about their films exhibited and speak about their methods of taking up private memories that are closely connected to public history.
 
Katharina Gruzei’s award winning experimentalfilm „workers leaving the factory (again)“ deals with the fading of industry in central europe, exemplified by a closed tobacco factory in Austria. She connects questions regarding the abandoned spaces with socio-political aspects of work and film history. In his work „beyond memories“ Eginhartz Kanter traces the late history of the GDR. He deals with the various individual ways of experiencing this time and questions the phenomena of memory falsification.
 
Subsequently the curators Kumiko Kato und Haruko Sasakawa are in conversation with the artists to contextualise the individual work within the curatorial concept.
 
The talk will be held in english language and translated into Japanese.

Yotsuya Unconfirmed Studio
4-13-1 Yotsuya, Shinjuku Ku
Tokyo To, 160-0004, Japan
open hours: 11-19h|7pm

https://www.crproject.net


ANY Talks – Vol.8「キュレーションの手法」ゲスト: 中野 仁詞

A.N.Y Talks – Vol.8 「キュレーションの手法」
ゲスト: 中野 仁詞(キュレーター/神奈川芸術文化財団、第56回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展(2015年)日本館、横浜トリエンナーレ2017)
モデレーター:鈴木泰人(アーティスト/OBI共同代表)

2019年12月15日(日)
15:00 – 17:00  
S.Y.P Art Space
〒162-0065 東京都 新宿区住吉町10-10
都営新宿線 曙橋駅A2出口から徒歩3分
https://maps.app.goo.gl/CmiRNQRz8WLVp5Si9

定員 12名 ※事前申し込み制 
※参加希望の方はFBメッセージにてお名前、PCアドレス、電話番号をご記載の上お知らせ下さい。
※イベントページの参加ボタンのみではお申し込みの受付となりませんのでご注意ください。
※定員に達した場合は順次キャンセル待ちでお受けいたします。

参加費 1500円  ※お飲み物、軽食付き
※参加費はゲストへの謝礼と運営経費となります。

プログラム構成
【トークレクチャー 15:00 – 16:00】

「キュレーションの手法」

中野仁詞氏は、第56回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館「塩田千春《掌の鍵》– The Key in the Hand – 」、横浜トリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」でキュレーションを務めるなど、現代の日本美術において重要な役割を担うキュレーターとして知られています。また、神奈川県民ホールギャラリー、ならびに神奈川芸術劇場といった「劇場」を舞台に人々の記憶に残る数多くの美術展を企画、成功に導かれています。

この度のA.N.Y Talksでは、昨今、ビジネスやメディアなどの現場で注目を浴びる「キュレーション(集めた情報を分類、整理して新しい価値を与えること。)」に着目し、日本を代表するキュレーターの一人である中野氏をお招きし、「キュレーションの手法」(キュレーションの概念、役割、企画立案、運営、宣伝、予算調達、助成金の申請、空間設計など)についてお話しを伺います。美術におけるキュレーションの応用と可能性について参加者のみなさまと共に考え、学ぶ機会としてまいります。奮ってご参加ください。

・中野仁詞 Hitoshi Nakano 
キュレーター/神奈川芸術文化財団、第56回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展(2015年)日本館、横浜トリエンナーレ2017。
主な企画に、塩田千春展 (07年、県民ホールギャラリー)、「日常/場違い」展(09年、同)、泉太郎展(10年、同)、「日常/オフレコ」展(14年、KAAT神奈川芸術劇場)、八木良太展(15年、県民ホールギャラリー)、塩田千春展「鍵のかかった部屋」(16年、KAAT神奈川芸術劇場)、さわひらき展「潜像の語り手」(18年、同)、小金沢健人展「裸の劇場」(19年、同)ほかダンス、音楽などパフォーミングアーツも多数企画。芸術資源マネジメント研究所理事・研究員。東海大学/女子美術大学非常勤講師。慶應義塾大学大学院美学美術史学専攻前期博士課程修了。

【ワールドカフェ式 立ち話 16:00 – 17:00】
ワールドカフェ(※)の要素を含んだ 立ち話  
前半のトークに基づいて、オープンな会話の中からお互いの思いや考えに触れ、自由につながりひろげていきます。

※ワールドカフェ
Juanita Brown(ファニータ・ブラウン)氏とDavid Isaacs(デイビッド・アイザックス)氏によって、1995年に開発・提唱されました。「知識や知恵は、機能的な会議室の中で生まれるのではなく、人々がオープンに会話を行い、自由にネットワークを築くことのできる『カフェ』のような空間でこそ創発される」という考えに基づいた話し合いの手法です。
引用:http://world-cafe.net/about/

【A.N.Y Talks について】
「A.N.Y Talks」は、様々な分野で活躍するゲストを迎え、参加者の多様な視点を介在させながら、自由な対話と交流の場を生み出すことを目的とします。また、その場を共有する全ての人が様々につながり、将来における創造的発展のポテンシャルを高めることを目指します。シリーズタイトルの「A.N.Y Talks」には、二つの意味を込めました。一つは「Any- 」。 Anytime、Anyway、Anyhow、Anywhere、Anyone、Anything‥ のように、いかなるものも決して限定された存在ではなく、無数の可能性を秘め、われわれはそれを探求できるということ。もう一つは「Add a New Yarn」= 「新しい糸を加える」。この企画を機に、様々な可能性をつむぎ、つないでいくことを希望しております。


Group exhibition 空 2019 at S.Y.P

【忘年会展示出展者募集!忘年会だけの飲み参加者も募集!】
※どちらの方も参加ボタンを押してください。展示の方は鈴木泰人に直接ご連絡くださいねー。
https://www.facebook.com/events/447848055830009/?notif_t=plan_user_joined&notif_id=1571170511785617

展示名:Group exhibition 空 2019 at S.Y.P
形式:グループ小作品異業種複合展示&忘年会&トークイベント
展示日時:12月1日(日)~12月8日(日) 13:00~20:00 会期中無休
主催・責任者:鈴木 泰人
協力:S.Y.P art space、A.N.Y Talks、Artist Meet Up!

展示コンセプト:見上げるとそこに作品と言う空気があり、その空の下の余白で作家たちがS.Y.Pと言う器で交流をして行く、そんな意味を込めて展示タイトルの《空(クウ-KuU)》を付けさせてもらいました。

昨年のS.Y.Pでの忘年会でみなさんと作品を観ながら色々な話が出来たら良いなと飲みながら話していたのをきっかけに今回の展示を企画しました。近年のS.Y.Pでは様々な異業種、国内外の異文化交流が盛んになってきており、これを機に作家が小作品を持ち寄ってこの年末特別交流【忘年会】の場から生まれる新しい取り組みを話したり揉んだりしてみようじゃないかと言う、実験的なアイデアを提案させて頂きたいと思います。
今年だけでなく、何かの折や来年末にも同じように報告できる場を持って交流を深められたらと思いますので末永くよろしくお願いします。

大変混みあう展覧会&忘年会となりますが、作品密度の濃さを出して内容も濃い展覧会になる趣旨で進めて行きたいと思っていますので何卒宜しくお願い致します。

【忘年会&トークイベントの方の詳細】
12月7日(土)17:00~19:00(15:00より忘年会を開始、同時受付)
1次会は19:00~20:00までS.Y.Pで行います。
忘年会参加費:1,000円(別途S.Y.P近隣の居酒屋和心で2次会も予定しております)
※展示参加者は1次会の忘年会参加費はかかりません。
※お酒持ち寄りは大歓迎
※会場が溢れましたら居酒屋の和心さんへ流れます。
→和心 https://maps.app.goo.gl/S9MpJvZLirboVqr68

内容:関連企画のA.N.Y TalksやArtist Meet Up!、S.Y.Pの今後の展望をトーク形式でお届けしたいと思います。展示も同時開催のため、少々狭いスペースとなりますが、年の瀬の総まとめとして作家さんは近日展示のDMなどを持参の上、一般参加者はお酒でも持参して頂き、是非ともS.Y.Pで交流をして頂ければと思います。

【展示の方の詳細】
展示資格:S.Y.P art spaceに関わっている方、興味がある方、展示をしてみたい方なら国籍問わずどなたでも参加可能です。

忘年会&展示参加費用:一人3,000円(展示参加者は忘年会参加費は無料)

参加上限:10人~30人程度を目途に参加者を募ります。

搬入・設置日:11月28日(木)、30日(土)の2日間、途中搬入もあり。基本的に作家と鈴木とでの設置をお願いします。
※29日金曜日は鈴木不在の為行いません

搬出期間:12月9日(月)、10日(火)の2日間で直接搬出が理想ですが、業者による搬送をご希望の際は、梱包と業者を着払いで指定して頂ければと思います。

※参加者募集&おねがい※
搬入期間の11月30日(土)にがっつり設置をしますので、鈴木の搬入をぜひ手伝ってくれる方を募集します💦人の手は多ければ多いほど楽しいので展示されない方でも協力したいと思う方、大募集です。

募集展示種別:平面、立体、映像を含めた幅の広い表現作品や実験作品、サイズは基本小作品としてますが他の提案がある場合は相談させてください。立体作品に関しては、会場のスペースの関係上相談して頂ければと思います。
また異業種も含めて参加して頂きたいのもあり、テキスタイル&アパレル、その他も含んだ複合展示を試みたいと思っています。ですので天井を利用して突き出したり、吊したりすることも考えて頂いても結構です。

展示設置方法:イベントの兼ね合いから壁の上部から天井を含めて展示場所として忘年会を皆さんで行いたいと思います。作家本人が設置される場合は場所を選んでいただくことも可能ですし、基本的に鈴木が一緒に設置するのを協力させてもらいます。キャプションは簡易的な表示をさせて頂ければと思います。

販売に関して:展示作品の販売はキャプションに価格を提示して頂ければ可能です。仲介手数料に関しては、販売を当方が請け負う場合は手数料として販売価格の1割を頂き、直接取引の場合は連絡先だけのやり取りとなるので手数料は一切必要ありません。

・手続きの流れ、
1、参加表明を直接イベントページのディスカッションか、或いは直接ご連絡ください。やりとりさせて頂きます。https://www.facebook.com/events/447848055830009/?notif_t=plan_user_joined&notif_id=1571170511785617
2、作品ジャンルを教えてください。
3、搬入方法と日程、搬出方法と日程を教えてください。
4、忘年会&トークイベントの出欠の是非を教えてください。
5、展覧会の予定等ある方は教えてください。
担当は鈴木泰人が承ります。
ほか、不明な点は気軽にご質問ください。

詳細PDFファイル:http://yasuhitosuzuki.net/works/S.Y.PKuU.pdf


あさこ はるか 個展  Asako Haruka Solo Exhibition 「いつも手には狂気を」

会期 2019年11月22日(金)11月27日(水) 

時間 13:0019:00  *最終日は15:00まで 

オープニングレセプション  11月23日(土)18:00~20:00 

制作テーマ

 私はなんとなくということを人より大事にしたいと思っていた。なんとなく選んだものの方が本能的で真実だと思うからだ。なんとなくはとても楽であり、考えを放棄できる。しかしなんとなく生きていたら、当たり前だが自分の思うように人生は進んでいかない。やりたいことをするには考えなくてはならない。考えを放棄できる場所はあまりない。放棄していたらその分割を食う羽目になる。考えることや思うことが嫌いなわけではないが、考えたくないことを考え、思いたくないものも思わなくてはならないことになる。私はその食い違いがとても疲れることであり、同時に面白いことだと思った。生きていると誰もが無理やりそういう状況になるのだ。考えを放棄することは生きることを放棄することと一緒なのだ。

 やりたくないことをやらなければならない状況の中、唯一私にとって許してくれる場所が制作であった。自分の中のなんとなく、を尊重していい場所であえてその食い違いに向き合って結論が出ない考えを繰り返したいと思う。

自己紹介文

 小さい時から嫌なことがあるとノートの隅に繰り返し同じ言葉を描いて真っ黒にするような子だった。今の制作もその延長線上だと考えている。自分の生活の中で心に引っかかった感情を凶器や狂気を持って殺してやる気持ちで生きている。普通に生きていても環境の変化や人間関係など様々な問題に直面し、様々な感情が生まれる。問題に直面した時、自分に一切非がないとは思わない。むしろ自分のせいのときもあるだろう。しかしもやっとした感情はどういう場合であっても出てくる。誰かを責めても意味がない、どこにもいけない感情は自分で殺していかなければならない。作品をみた時、観覧者はそれを見て何かしら考えられるものを作れたら、と思う。

あさこ はるか 略歴

1998 東京生まれ

2016 武蔵野美術大学 造形学部油絵学科版画専攻 入学

2016 武蔵野美術大学 芸術祭[本当のこと展] キセサクラ、加藤万結との3人展

2017 武蔵野美術大学 芸術祭[extreme]  加藤万結との2人展

2018 武蔵野美術大学 造形学部油絵学科油絵専攻 転専科

2018  武蔵野美術大学 芸術祭 展示大賞[この世は地獄展]   

2019 個展[いつも手には狂気を]S.Y.P Art Space、東京)          


ANY Talks – Vol.7「 『クロス・コミュニティ』異ジャンルの人と人が起こすアートのカタチ」

A.N.Y Talks – Vol.7 「『クロス・コミュニティ』異ジャンルの人と人が起こすアートのカタチ」
ゲスト: 高橋 翔(Sho T)
2019年11月18日(月)
19:00 – 21:00  
S.Y.P Art Space
〒162-0065 東京都 新宿区住吉町10-10
都営新宿線 曙橋駅A2出口から徒歩3分

定員 12名 ※事前申し込み制 
※参加希望の方はFBメッセージにてお名前、PCアドレス、電話番号をご記載の上お知らせ下さい。
※イベントページの参加ボタンのみではお申し込みの受付となりませんのでご注意ください。
※定員に達した場合は順次キャンセル待ちでお受けいたします。

参加費 1500円  ※お飲み物、軽食付き
※参加費はゲストへの謝礼と運営経費となります。

プログラム構成
【トークレクチャー 19:00 – 21:00】
「『クロス・コミュニティ』異ジャンルの人と人が起こすアートのカタチ」

ジャンルやコミュニティの限界を超える。
領域に縛られないイノベーターネットワーク。
仮にそれが成立し、互いに化学反応を起こしていくことができれば、様々な不可能を可能にできる。

そんな想いから生まれた『クロス・コミュニティ』というコンセプト。
異種のイノベータ/マルチポテンシャライト(渡り鳥)を起点に、異なるコミュニティ・ネットワーク間での共創を起こしていく実験的グループを1年以上続けています。

ここから、どのような現象が生まれているのでしょうか?
また、それはアートに関わる人々にどのような影響を与える可能性があるのでしょうか?

現在45名程度の様々なジャンル(ブロックチェーン・シェアリングエコノミー ・SDGs・AI・アート・ドローン・起業家・コワーキング・不動産・NPO etc)の領域を超えたいと願うイノベーターを中心に、それぞれの領域間のコラボレーションが起こり始めています。

マネタイズ/資本主義の視点だけでは気づかれなかった多様な埋もれた価値(物語)を再発見し、合流させ・引き出し合い・開花させる「価値タイズ」を行う。

それをみなさんとも共に考えたい。

まだまだ挑戦の段階です。

少しでもピンと来た方は、ぜひご参加ください! 高橋 翔(Sho T)

・高橋 翔(Sho T)
物語アーティスト/ 異種のイノベーターネットワーク「クロスコミュニティ」創設/ マネタイズ→価値タイズ型の共創社会を描く/ SDGsパトロンプラットフォーム『The Earth』Founder/ 世界最大SNSブロックチェーンSTEEM日本アンバサダー →現在Web3.0型DIYエコノミーPJ等のCo-Founding/ その他、各種プロジェクトアドバイザー・Visioning/ 大企業パラレルワーカー/元起業家/ Ideas&Vision
http://sho-t.mystrikingly.com/

【ワールドカフェ式 立ち話 20:00 – 21:00】
ワールドカフェ(※)の要素を含んだ スタンドチャッティング(立ち話)  
前半のトークに基づいて、オープンな会話の中からお互いの思いや考えに触れ、自由につながりひろげていきます。

※ワールドカフェ
Juanita Brown(ファニータ・ブラウン)氏とDavid Isaacs(デイビッド・アイザックス)氏によって、1995年に開発・提唱されました。「知識や知恵は、機能的な会議室の中で生まれるのではなく、人々がオープンに会話を行い、自由にネットワークを築くことのできる『カフェ』のような空間でこそ創発される」という考えに基づいた話し合いの手法です。
引用:http://world-cafe.net/about/

【A.N.Y Talks について】
「A.N.Y Talks」は、様々な分野で活躍するゲストを迎え、参加者の多様な視点を介在させながら、自由な対話と交流の場を生み出すことを目的とします。また、その場を共有する全ての人が
様々につながり、将来における創造的発展のポテンシャルを高めることを目指します。シリーズタイトルの「A.N.Y Talks」には、二つの意味を込めました。一つは「Any- 」。 Anytime、Anyway、Anyhow、Anywhere、Anyone、Anything‥ のように、いかなるものも決して限定された存在ではなく、無数の可能性を秘め、われわれはそれを探求できるということ。もう一つは「Add a New Yarn」= 「新しい糸を加える」。この企画を機に、様々な可能性をつむぎ、つないでいくことを希望しております。


小澤 英 個展 ozawaei Solo Exhibition

会期 2019年11月15日(金)−11月17日(日)

時間 13:00~19:00

The Catcher in the Ryeの作中に登場する、Secret goldfishという架空の短編小説をテーマにしました。 内容は幼い男の子が自分の金魚を誰にも見せないのは、自分のお金で買った為だという他愛もない話。

作品はインスタレーションのような絵画やファウドオブジェなど。 それらはある種のネットワークの様なもので自分の思考や経験が反映されている。

1990年生まれ
ニューヨークにて自主企画の展示、
2017 Ei Ozawa in Front of Whitney Museum of American Art
2019 群馬青年ビエンナーレ


MARTINA KÄNDLER – Pop up installation –

MARTINA KÄNDLER
Pop up installation | S.Y.P. art space | 11/7/2019 19.00-22.00

OUT OF THE BLUE

2012-2019 stop motion installation
In various places in the world Martina Kändler observed the color of the sky during the time of dusk: Munich Germany, Kristinestad Finland, Melbourne Australia, Hong Kong, New York USA and Tokyo Japan. Over the past seven years she took photographs in the different areas for several months from the beginning of the twilight to the nightfall, at an interval of one minute. The data and location were documented. This investigation will be continued and extended in other countries and landscapes with different climatic conditions. Following her observation, she developed the installation “out of the blue”. The images are projected in a large scale so that the different shades of blue, from sunlight to darkness can be experienced again and again within just a few seconds and the spectators can immerse themselves in the color of the sky.

HIDE AND SEEK

2014 videoloop
This video shows lights in different colors, changing in speed and size. Through these two parameters we are able to identify their location in space, even though the spacial surrounding is in the dark.
For this video Martina Kändler let dogs with blinking collars and brightly lit toys frolic around in a meadow at night. The colorful traces in the dark make the movements of the dogs and the game visible, the size and speed of the objects locate them in space.

ARTIST STATEMENT
Social processes, growth and decay, projection and delusion, volumes and limitations, illusion and real space, subjective perception and alleged objectivity are the starting points of Martina Kändlers artistic exploration. In the contrast between an experimental process and conceptual thinking, strict compositional structure and emotional impact, manual work with the material and manifestations of the ephemeral arise idea, project and realization.

Architectural volumes are given new rhythms by translucent walls of laser light. Kinetic light objects create diverse worlds in small boxes, which can be experienced through light, sound and movement. Observations of moving lights, which can be localized by size and direction in space, are abstracted in video works. Experiments with paper and, in the latest work, metallic surfaces in the architectural model lead to new photographic series under the changing influence of light, while gold leaf aims at a transformation of the object. Long-term photographic documentations focus on different aspects of atmospheric color change, space, nesting and transparency.

CV
2016 Diploma of fine arts, Academy of Arts Nuremberg
2015 Meisterschülerin
2003 Master of Arts in art history and art education, University of Augsburg 1970* Germany
www.martinakaendler.de