ANY Talks – Vol.7「 『クロス・コミュニティ』異ジャンルの人と人が起こすアートのカタチ」

A.N.Y Talks – Vol.7 「『クロス・コミュニティ』異ジャンルの人と人が起こすアートのカタチ」
ゲスト: 高橋 翔(Sho T)
2019年11月18日(月)
19:00 – 21:00  
S.Y.P Art Space
〒162-0065 東京都 新宿区住吉町10-10
都営新宿線 曙橋駅A2出口から徒歩3分

定員 12名 ※事前申し込み制 
※参加希望の方はFBメッセージにてお名前、PCアドレス、電話番号をご記載の上お知らせ下さい。
※イベントページの参加ボタンのみではお申し込みの受付となりませんのでご注意ください。
※定員に達した場合は順次キャンセル待ちでお受けいたします。

参加費 1500円  ※お飲み物、軽食付き
※参加費はゲストへの謝礼と運営経費となります。

プログラム構成
【トークレクチャー 19:00 – 21:00】
「『クロス・コミュニティ』異ジャンルの人と人が起こすアートのカタチ」

ジャンルやコミュニティの限界を超える。
領域に縛られないイノベーターネットワーク。
仮にそれが成立し、互いに化学反応を起こしていくことができれば、様々な不可能を可能にできる。

そんな想いから生まれた『クロス・コミュニティ』というコンセプト。
異種のイノベータ/マルチポテンシャライト(渡り鳥)を起点に、異なるコミュニティ・ネットワーク間での共創を起こしていく実験的グループを1年以上続けています。

ここから、どのような現象が生まれているのでしょうか?
また、それはアートに関わる人々にどのような影響を与える可能性があるのでしょうか?

現在45名程度の様々なジャンル(ブロックチェーン・シェアリングエコノミー ・SDGs・AI・アート・ドローン・起業家・コワーキング・不動産・NPO etc)の領域を超えたいと願うイノベーターを中心に、それぞれの領域間のコラボレーションが起こり始めています。

マネタイズ/資本主義の視点だけでは気づかれなかった多様な埋もれた価値(物語)を再発見し、合流させ・引き出し合い・開花させる「価値タイズ」を行う。

それをみなさんとも共に考えたい。

まだまだ挑戦の段階です。

少しでもピンと来た方は、ぜひご参加ください! 高橋 翔(Sho T)

・高橋 翔(Sho T)
物語アーティスト/ 異種のイノベーターネットワーク「クロスコミュニティ」創設/ マネタイズ→価値タイズ型の共創社会を描く/ SDGsパトロンプラットフォーム『The Earth』Founder/ 世界最大SNSブロックチェーンSTEEM日本アンバサダー →現在Web3.0型DIYエコノミーPJ等のCo-Founding/ その他、各種プロジェクトアドバイザー・Visioning/ 大企業パラレルワーカー/元起業家/ Ideas&Vision
http://sho-t.mystrikingly.com/

【ワールドカフェ式 立ち話 20:00 – 21:00】
ワールドカフェ(※)の要素を含んだ スタンドチャッティング(立ち話)  
前半のトークに基づいて、オープンな会話の中からお互いの思いや考えに触れ、自由につながりひろげていきます。

※ワールドカフェ
Juanita Brown(ファニータ・ブラウン)氏とDavid Isaacs(デイビッド・アイザックス)氏によって、1995年に開発・提唱されました。「知識や知恵は、機能的な会議室の中で生まれるのではなく、人々がオープンに会話を行い、自由にネットワークを築くことのできる『カフェ』のような空間でこそ創発される」という考えに基づいた話し合いの手法です。
引用:http://world-cafe.net/about/

【A.N.Y Talks について】
「A.N.Y Talks」は、様々な分野で活躍するゲストを迎え、参加者の多様な視点を介在させながら、自由な対話と交流の場を生み出すことを目的とします。また、その場を共有する全ての人が
様々につながり、将来における創造的発展のポテンシャルを高めることを目指します。シリーズタイトルの「A.N.Y Talks」には、二つの意味を込めました。一つは「Any- 」。 Anytime、Anyway、Anyhow、Anywhere、Anyone、Anything‥ のように、いかなるものも決して限定された存在ではなく、無数の可能性を秘め、われわれはそれを探求できるということ。もう一つは「Add a New Yarn」= 「新しい糸を加える」。この企画を機に、様々な可能性をつむぎ、つないでいくことを希望しております。


カテゴリーPOST